HOME>コラム>本業に専念するならプロのおまかせ!建築業許可の申請は行政書士へ

本業に専念するならプロのおまかせ!建築業許可の申請は行政書士へ

法律書

建築業許可申請の基本知識

建築業許可の申請を行う為には、5つの要件をクリアする必要があります。まず1つ目が、事業主や法人の役員が欠格事由に該当していないという点です。成年被後見人等に該当したり、過去に許可を取り消された経歴があったりする場合、許可を受ける事が出来ません。同様に禁固以上の刑に処されたり、5年以内に許可を取り消されたりするのを避ける為、廃業した事業主等がいる場合は欠格要件に該当します。2つ目が、誠実に契約を履行するという点です。建設業の許可を受けようとする事業主、役員が法律に反する行為を行う恐れがある場合、許可申請を受ける事ができません。3つ目が、財政的な基盤が安定しているという点です。直近の決算書で貸借対照表の純資産の合計額が、500万円以上か若しくは500万円以上の金額が記載された、残高証明書を取得する必要があります。4つ目が、専任技術者を雇用しているという点です。実務経験が10年以上か、若しくは指定された学校を卒業した後、3年から5年程度の実務経験が必要になります。5つ目が、会社の経営業務に従事する管理責任者がいるという点です。29の業種によって、それぞれ異なりますから予めご確認下さい。

ジャッジガベル

多くの企業が行政書士に建築業許可申請を依頼するワケ

多くの事業主が、行政書士に建築業許可申請を依頼しています。その理由は「本業に専念出来る」という点にあると言っても、決して過言ではありません。建築業を取り巻く環境は、年々悪化し続けています。資金繰りが悪化し、止む無く事業停止や倒産へと追い込まれてしまう企業も、後を絶ちません。一定の売上高を保ちつつ、雇用を維持し続ける為にも、本業に専念する環境が必要です。建築業許可申請の手続きは必要書類が多く、添付書類の作成や収集に多くの時間を要してしまいます。書類の作成は非常に煩雑で、マニュアル等を一読してもそれを短時間で理解するのは、極めて困難だと言わざるを得ません。建築業許可申請をスピーディーに行うだけではなく、許可も早めに下りる傾向にありますので、行政書士への依頼が殺到しているのです。